• ホーム
  • バルトレックスの服用期間と完治まで日数

バルトレックスの服用期間と完治まで日数

葉の上にあるカプセルとスプーン

ヘルペスの治療に用いられるバルトレックスはヘルペスの原因となるウイルスの増殖を抑える力が強いことから、ヘルペス治療の代表的な薬として多くの医療機関でも使用されています。
医療機関でこのバルトレックスを処方してもらう場合、おおむね5日分の薬が出されるのが一般的です。
人によっては2、3日服用を続ければ症状が治まることがあるのですが、じつは症状が治まったからといってバルトレックスの服用をやめるのは厳禁です。
少なくとも処方された日数分は必ず服用し続けなければいけません。

バルトレックスはウイルスの増殖を抑える薬です。
勘違いしている人もいるかもしれませんが、この薬でヘルペスウイルスを死滅させることはできません。
ヘルペスウイルスに一度感染してしまえば、現代の医学をもってしてもウイルスを体から一掃することは不可能なのです。
症状が治まったと感じるのは一時的にウイルスの増殖が抑えられたからで、途中で服用をやめてしまうと再び増殖をはじめる可能性があります。
ですから医師の指示をしっかり守って、処方された薬はすべて服用するように心がけることが非常に重要なのです。

またバルトレックスの力を有効に活かすためには、なにより早期に服用をはじめることが肝心です。
上記に挙げたように、バルトレックスはウイルスの増殖を抑えるだけで、ウイルスそのものを死滅させるものではありません。
したがってウイルスが爆発的に増えてしまった状態でバルトレックスを服用しても、その力を最大限に活かすことはできないのです。
ヘルペスの疑いがある症状が現れたら、すぐに医療機関を受診するなどしてバルトレックスを手に入れましょう。
早期に服用をはじめれば重症化を防ぐことができます。

また病院へ行かずに通販で購入することも可能で、あんしん通販薬局などが代表的な医薬品通販サイトです。
バルトレックス以外の医薬品も取り扱っているため、抗生物質など以外にもニキビの薬など幅広く取り扱っています。
しかし、通販は怪しいと信じられない人もいるでしょう。
あんしん通販薬局が詐欺をしているか検証しているサイトもありますので、チェックしてみると良いでしょう。

アーカイブ
サイト内検索